摂食障害克服記

世にも珍しい男性の摂食障害経験者によるブログです。

「たった5つのこと」で過食を防げるかもしれない話

f:id:sushi1051027:20181228103746j:image

「どうすれば過食せずに済むのだろう…?」

「過食のスイッチが入るのが怖い…」

過食で悩んでいる方は、過食を防ぐ方法や対策を考えたことがあると思います。

今回は、私が実践して効果があった「過食を防ぐ方法」を紹介していきます。

過食したときに買ったレシートを保存

大学生でお金がなく、過食をやめられず困っていたときに編み出した方法です。

過食するために買った商品のレシートを、全て保管するのです。

100均でノートを買い、1週間毎にページを分けてレシートを貼り付けてました。

過食衝動に襲われたときにこのノートを見返し、購入した商品を1つひとつ見ていると、

「こんなに食べてたのかぁ…」

「なんてもったいないことをしてたんだろう」

と見るだけで過食への抑止力になっていました。

(もちろん、過食してしまうこともありましたが)

簡単にできるので、やらないよりはやったほうがマシかな…という感じでした。

過食した翌日もご飯は抜かない

1日に4000キロカロリー以上の過食をしてしまった翌日は、絶食などして調整するよようにしていました。

しかし、それをしてしまうと絶食後に再び過食に走ることも多々。

なので過食をしてしまった翌日でも、必ず食事を摂るようにし、規則正しい食事を心掛けるようにしていました。

「食事を抜かないこと」自体が克服に必要な過程です。太ることに抵抗があるかもしれませんが、まずは3食きっちり食事を摂ることから始めてみましょう。

過食したくなったらリンゴ丸かじり

お菓子や菓子パンなど、簡単に食べられるものはNGです。

身体にも悪く、調理要らずなので過食するにはもってこい…。

なので食べたくなったら「身体にも良く手間のかかるもの」を食べるようにしてました。

そしてたどり着いたのが、リンゴ1玉丸かじり。

丸かじりするので意外と時間がかかりますし、お菓子よりは身体にも良いです。

過食したくなったら、リンゴ1玉丸かじり。

意外と過食も治まりました。

動物を飼う

猫や犬、ハムスターなどペットを飼うことで少し症状が治まった気がしました。

何かに癒されるというのも大事なことですが、ペットのお世話をし愛情を注ぐ・注がれることで「心の隙間を埋める」ことができたのだと思います。

空虚感を埋めるために過食する、という気持ちも心のどこかにあったのかもしれませんね。

気軽な気持ちで動物を飼うのではなく、飼うなら最後まで責任を持ってお世話しましょう。

温かいスープでお腹を落ち着かせる

温かいスープや味噌汁などを飲むとホッとしますよね。

過食衝動に襲われたら、まずは温かい物を口にしましょう。私の場合、100%治まったわけではありませんが、過食の回数は減らせたと思います。

スープなどが作れないときは、白湯やココア、緑茶をレンジで温めても効果がありました。

過食衝動に襲われたら、温かいものがオススメですよ。

まとめ~ブログや本で情報収集も

過食を防ぐ方法や対策は、人によって効果がなかったりする場合もあると思います。

摂食障害克服に向けて努力されている方のブログを参考にしたり、本などを見て情報収集することも有効なはずです。

道のりは長いかもしれませんが、努力すれば確実に良い方向に進んでいけます。

今回紹介した対策が役に立てれば幸いです。