摂食障害克服記

世にも珍しい男性の摂食障害経験者によるブログです。

拒食の時期でも大丈夫?私が安心して食べられた物4選

f:id:sushi1051027:20181219203854j:image

私の拒食期では、何を食べても「太る」と思い込んでました。(水でさえも…)

ですが、安心して食べれた物もあります。

今回は、中学校~高校にかけて拒食期だった私でも安心して食べれた物を紹介します。

当事者・ご家族の方は参考にしてみて下さいね。

低カロリーの野菜スープ

とにかく低カロリーのものなら、なんとか安心して食べることができました。

特に温かいスープはお腹も落ち着くのでオススメです。

コンソメの素を入れて、キャベツやもやし、糸こんにゃくなどを入れて煮込むだけ。

(ジャガイモなどを入れるとカロリーが上がるので、穀物や根菜は入れませんでした。)

キャベツの千切り・トマト

毎食のように食べてました。

トマトは丸かじり、キャベツの千切りはノンオイルドレッシングをかけて食べるだけ。カロリーも気にならず、腹持ちも良いので毎日食べてました。

ただ、体を冷やしがちなので味噌汁やスープなどの温かい物も一緒に摂るようにしましょう。

鶏のササミ

低カロリー・ヘルシーの定番ですね。

調理方法はいろいろあるのですが、調味料でカロリーが増えてしまうのが怖かったので、ただ「茹でる」のみ。

ポン酢をサッとかけるだけで食べてました。

たんぱく質は、主にこのササミから摂取していたと思います。

豆腐

こちらもヘルシーの代表格ですね。

味噌汁にいれたり、そのまま冷奴として食べていました。

しかし、ヘルシーではありますが意外とカロリーはあるんですよね。

なぜか食べれていましたが、当時の自分には「もっと炭水化物を食べなさい」と伝えたいです…。

まとめ~当時の食事メニュー

当時は、

朝:白米1膳 味噌汁 キャベツ千切り

昼:なし(たまにパン1つ)

晩:ササミ 野菜スープ キャベツ千切り トマト

という食生活で、毎日このメニューでした。

当時は食べ盛りで、しかも私は男です。この量では基礎代謝すら下回ってますよね…。

 

拒食期には、食べる・カロリーを摂取することに抵抗があると思います。

ですが、少しずつでも良いので栄養を摂るようにしてください。

特に10代のうちには無理なダイエットは禁物です。

どうしても食べるのが怖い…

そういう方は、今回私が紹介した「野菜スープ」から試してみてください。

少しずつ食べられる量を増やせていければ良いですね。「焦らず」ですよ。