摂食障害克服記

世にも珍しい男性の摂食障害経験者によるブログです。

高校中退しても大学進学は可能!私が大学に合格した方法

f:id:sushi1051027:20181218165905j:image

大学受験は独学でも可能?

予備校へ通った方がいいの?

高校中退して大学進学を目指す方が抱えるのは、こうした悩みだと思います。

今回は「高校中退しても大学進学は可能!私が大学に合格した方法」を紹介していきます。

大学受験は独学でも可能なのか?

結論から言うと、無理ではありません。

高校卒業した浪人生の場合は、ある程度の土台があるので独学でも可能だと思います。

しかし、高校を中退し高卒認定に合格した程度の学力では、大学受験は厳しいです。

(高卒認定の試験範囲と大学受験の試験範囲は全く異なるため)

なので、私の場合はオンラインで受験勉強ができる受験予備校を選びました。

私もそうでしたが、

・学力に不安がある方

・勉強する期間が1年しか確保できない方

には、受験科目を「国語」「英語」「日本史(世界史)」のみに絞って勉強することをオススメします。

暗記中心の科目なので、やればやるだけ点数につながるのでオススメですよ。

私が選んだ受験予備校は?

よくあるのが、

・東進

・河合塾

・代々木ゼミナール

・駿台

などの有名な受験予備校です。

 

これらの中でも、

・高校と同じような講義形式の授業を受ける

・衛星予備校でテレビ(DVD)を見ながら勉強する

・自宅でオンライン形式の授業を受ける

というタイプに分かれます。

「高校と同じような講義形式の授業を受ける」は、駅前などにある河合塾や駿台などの予備校へ通い、講師の授業を直接聞きながら受験勉強を進めます。

大都市であれば問題ありませんが、地方によっては校舎がないため選択すらできないこともしばしば…。

 

「衛星予備校でテレビ(DVD)を見ながら勉強する」

「自宅でオンライン形式の授業を受ける」

というこの2つは、講師の授業を直接聞きながらではなく、事前に録画された映像を見ながらモニター越しで勉強していきます。

・地方でも授業を受けられる

・有名な実力ある講師の授業を受けられる

・何度も修正し撮り直しされているので、授業のレベルが一定に保たれる

・分からないところは繰り返し見れる

など、当時地方にいた私にはこちらのほうが向いていたので、この形式で受験勉強を進めることにしました。

個人的にしていた勉強方法

オンラインで授業を受けていた以外で、個人的にやっていた勉強方法を紹介します。

(併せて実際に使っていた参考書なども紹介しておきます)

・英語→単語帳を毎日20ページずつ(これを1日2回以上)

・リスニング→毎日寝る前に10分聞く&実際に声に出す

・国語→古文単語を単語帳で毎日10ページずつ

英語と国語に関しては、上記のように復習・確認をしていました。

部屋の中をウロウロしながら音読すると、不思議と暗記力もアップ!

英単語を見ても日本語訳することなく、英語を英語のまま理解できるまでになりました。

・日本史→一問一答を何周もする

おそらく、10週以上はしたと思います。

見るだけではなく、実際にノートに答えを書いてました。

(私立の試験では覚えにくい漢字を書かせることが多いので、書いて覚えておくと有利)

大学受験の結果は?

・英語

・国語(古文漢文あり)

・日本史

のみに絞って勉強した結果、センター試験は

・英語→196点(リスニング40点)

・国語→156点

・日本史→91点

という結果でした。

正直国語に関しては苦手意識がありましたが、私立大学のセンター利用はほぼ落ちず。

また、個別に同志社・立命館・明治・早稲田も受験しましたが、全ての大学に合格することができました!

費用はどうしても掛かってしまいますが、有名私立大学へ入学し無事卒業。そして現在に至ります。

まとめ~高校中退しても大学に行けば人生が変わる!

私が言いたいのは、高校中退したことは「マイナスにはならない」です。

そして、高校中退しても努力すれば有名大学へ進学できます。

たまにですが、「高校中退のまま大学にも行っていなかったらどうなってたのか…」と今でも思うことがあります。

おそらく、今みたいに結婚すらできなかったかもしれません。

もし、私と同じような境遇で悩んでいる方がいれば、「大学進学」も視野に入れてみてくださいね。