摂食障害克服記

世にも珍しい男性の摂食障害経験者によるブログです。

大学受験は予備校・家庭教師・個別指導塾・独学どれがいいのよ?

f:id:sushi1051027:20190104092508j:image

予備校

家庭教師

個別指導塾

独学

大学受験には4つの選択肢がありますが、正直どれにすべきか悩みます…

今回は、高校中退し大学受験に挑む際に4つとも試した私がその「メリット・デメリット」を紹介します。

独学で大学受験

【オススメ度 ★★】

独学で大学受験をする際のメリットは、

・自分のペースで進められる

・4つの中で費用が最も安い

 

デメリットとしては、

・誘惑が多い

・孤独との戦い

・教えてくれる人がいない

・間違った勉強方法で進める可能性

 

など、独学は文字通り「1人」で全てをしなければなりません。

勉強方法やペースは自分で調整できる一方で、誘惑に負けたり、人との関わりがないため精神的に不安定になったり…。

間違った勉強方法で進める可能性もあるので、独学はオススメできませんでした。

家庭教師はどうなのか?

【オススメ度 ★★★】

家庭教師のメリットは、

・マンツーマンで指導を受けられる

・大学生が多いので年齢が近い

・地方でも利用できる

 

デメリットとしては、

・指導者のレベルにバラつきがある

・相性が合わない可能性あり

 

家庭教師には大学生が多く、年齢が近いこともあり相談しやすいのが1番のメリットだと思います。

(彼らも大学受験を経験しているので、共有できることも多く、頼れる兄貴・姉御みたいな感覚です)

しかしその一方で、ただのアルバイト感覚で家庭教師をしている学生もおり、レベルにバラつきがあるのが難点です。

相性などもあるのでしっかり比較してから依頼すれば、大学受験の成功も十分可能です。

個別指導塾で受験対策

【オススメ度 ★★★★】

明光義塾やスタンダードなどで有名な個別指導塾ですが、メリットとしては、

・予備校と比較すると安い

・一対一または二対一で指導してもらえる

・指導者のレベルが比較的安定

・心のケアまで期待できる

 

デメリットとしては、

・指導者との相性がある

・場所によっては塾がない場合も

 

個別指導塾は一対一や二対一で直接指導を受けられるのが特徴です。

また、塾に足を運んで勉強するので誘惑も無く、しっかりと勉強に専念できます。

・教材も受験用に作られている

・面談などで心のケアも期待できる

こうした点から、家庭教師と比べると個別指導塾の方がレベルは高いように思いました。

(個別指導塾でも難関大への合格は十分可能です)

住んでいる地域によっては塾がなかったりするので、そこはデメリットとして挙げられますね。

大手予備校一択?

【オススメ度 ★★★★★】

河合塾などの予備校のメリットとしては、

・レベルの高い指導を期待できる

・講師が一流なのでバラつきがない

・受験に特化しており、教材も豊富

 

デメリットとしては、

・金額が高い

・地方には予備校が無い場合も

 

やはり受験に強い予備校はオススメできます。講師のレベルも一流、受験生が飽きないように授業も工夫されているので、偏差値もどんどん上がります。

また受験制度に変更があった場合もいち早く対応できるので、予備校最強説は顕在です。

費用が高いので、そこだけはデメリットです…。

番外編 オンライン予備校は?

【オススメ度 ★★★★★】

Z会やスタディサプリなど、オンラインでの受験対策も人気です。メリットとしては、

・地方でも受講可能

・録画されたものなら繰り返し視聴できる

・地方でも一流講師の授業を受けられる

・講義の一つひとつが洗練されている

 

デメリットとしては、

・自制が必要

・誘惑に勝てるか

 

スマホなどのオンライン環境があれば、地方でも一流の講師から授業を受けられるオンライン授業。録画された授業の場合は、何度も撮り直しながら講義の質を高めているので、一つひとつの授業がわかりやすい!

金額も予備校と比較しても費用は安いので、個人的には1番オススメできます。

自分で授業を受けるので、誘惑に負けないようにしましょう。