摂食障害克服記

世にも珍しい男性の摂食障害経験者によるブログです。

ヘルシーと低カロリーを混同しているとダイエットに失敗するかも?

f:id:sushi1051027:20190114192354j:image

ヘルシー=低カロリー と混同されることが多いですが、しっかり理解しておかないとダイエットは成功しないかも?

今回は意外と間違いやすい、ダイエットに関するお話です。

ヘルシーと低カロリーの違い

ヘルシーと低カロリー。

もはや「ヘルシー=低カロリー」と同じ意味で使われることが多いですが、元々の意味は異なります。

・ヘルシー(healthy)

→「健康的な」という意味。豆腐や納豆なんかは「ヘルシー」という印象です。カロリーよりも栄養に重きを置いてる言葉。

 

・低カロリー

→文字通りカロリーが低い。何をもって低カロリーとするのかは個人によるところが多い。

個人的には、こんにゃくやキュウリなど、「ほぼカロリーのないもの」というイメージ。

 

まあ言葉の意味自体は重要ではなくて、それよりも「ヘルシー」と言われる食品でも意外とカロリーの高いものがある、ということ。

例えば豆腐なんかは、100gあたり 

絹ごし :56キロカロリー

木綿     :72キロカロリー

 

仮に一丁が350gだとすれば、

絹ごし:192キロカロリー

木綿    :252キロカロリー

(簡単!栄養andカロリー計算を参考にしました)

 

「普段食べるお肉の替わりに豆腐を食べる」

ということなら効果はあるかもしれませんが、

「普段の食事にプラスして食べる」

なんてことであれば、過剰にカロリーを摂取している可能性アリ。

 

ヘルシーと低カロリーを混同して考えてたら、「逆に太った!?」なんてこともあり得るので注意が必要。

(ナッツ類なんかはヘルシーと言われますが、食べ過ぎるとかなりのカロリーになります。)

また、「ヘルシー=食べれば痩せる」なんて都合の良いこともありませんので悪しからず。

カロリーゼロでもカロリーはある?

知っている方も多いとは思いますが、

カロリーゼロ=0キロカロリー

ではありません。

コーラやサイダー、後はゼリーなんかでもカロリーゼロを強みにしている商品がかなり増えました。

 

「100g(ml)あたりの熱量が5キロカロリー未満の場合は、カロリーゼロと表記できる」ということになっています。

(100mlあたり最大でも4キロカロリーはあるかも、ということ)

 

なので例えば、カロリーゼロ表記の炭酸飲料(500ml)を1本飲んでも、最大で20キロカロリーを摂取しているかもしれないということに…。

 

もし2L飲めば、最大で80キロカロリーの摂取。

まあそんなに飲む人は稀で、気にするほどのカロリーではないですが、飲み過ぎには注意しましょう。

(たいていカロリーゼロだと人工甘味料が使用されてます。人工甘味料が安心できるかどうかも微妙なので…)

まとめ~何かを食べて痩せようとしてる…?

ヘルシーと言っても、中にはカロリーの高い食品もあります。

またカロリーゼロとは言えど、僅かながらカロリーはあります。

 

体に良い食品でも、食べ過ぎれば毒になる場合も。

なのでホントに痩せたいなら、テレビの情報を鵜呑みにせず、正しい知識を手に入れるようにしましょう。

 

「何かを食べることで痩せようとする」

こんな考え方をしているうちは、リバウンドを繰り返すかもしれませんね…。