摂食障害克服記

世にも珍しい男性の摂食障害経験者によるブログです。

巻き爪が原因で爪の半分を引っこ抜く?予防方法も紹介

f:id:sushi1051027:20190114120428j:image
巻き爪が原因で爪の半分を引っこ抜いたお話。誰にでも起こりうる…

男性女性に関わらず、爪のトラブルを抱えている方は多い…。

私は子どものころから巻き爪で、足の親指の皮膚は炎症・化膿を繰り返してました…。

今回は巻き爪に関するお話です。

そもそも巻き爪になる原因とは

巻き爪とは、こんな感じに爪のサイドの皮膚が炎症・化膿している状態です。

f:id:sushi1051027:20190114120521j:image

歩くだけで痛みを感じる

ちょっと触れただけでも激痛

爪と皮膚の間がパックリ割けて痛い

というように歩くだけでも痛みを感じたり、治療しても繰り返すことが多いのが「巻き爪」です。

 

巻き爪になる原因としては、

・靴や靴下のサイズが合っていない(特に先の尖った靴)

・運動不足

・歩き方に問題がある

・爪の切り方に問題がある(深爪など)

など、日常生活の中で誰にでも起こり得ることが原因でした。

 

私の場合は足の横幅が広いので、なかなかフィットする靴が無く、サイズが合わない靴を履き続けていたことが原因でした。

また靴下についても同様に、横幅が狭いものが多いのでそれも原因でした。

巻き爪が原因で爪の半分を引っこ抜く

巻き爪に悩んでいた私は、耐えきれず病院へ。

診察をしてもらったのですが、かなり悪化していたので

・正しい爪の切り方をする

・爪と皮膚の間にコットンを入れる

などの処置では既に手遅れらしく…。

 

医者から言われたのは、

「爪の半分を引っこ抜こうか。根本から新しい爪が生えるので大丈夫だよ。」

というなんとも恐ろしい発言。

え、爪を引っこ抜くの!?そんな簡単に言っちゃう?

ということで不安は残るものの、まさかの「爪を引っこ抜く」という経験をすることに。

 

足の親指は麻酔が効きにくいらしく、何度も麻酔をかけられました。

(これが痛いのよね…。)

足の親指の感覚が無くなったところで、いよいよ爪を引っこ抜きます。

ベッドに寝かされての治療だったので様子は窺えませんが、たぶんペンチ?みたいなものでグイグイされているのだけはわかりました…。

麻酔のおかげで痛みは感じません。

ですが「爪を剥がされている」と想像するのは怖かった…。

(先生が相当力を入れていたので、爪って頑丈なんだなーと小学生並みの感想を抱きました。笑)

治療後の痛みは?

爪を引っこ抜いた後は、包帯やガーゼなどで足の親指をぐるぐる巻きにされます。

ある程度出血が止まるまで待合室で待機。

1時間ほど待ってから再度包帯を交換してもらい、その日は帰宅しました。

 

麻酔が切れると痛みは感じましたが、耐えられないほどの痛みではありません。

歩けるのは歩けますが、やはり歩きにくい。

激しい運動はもちろん不可。自転車に乗るくらいなら大丈夫でした。

お風呂はシャワーのみ許可。

患部を濡らさないようビニール袋で覆ってました。)

 

翌日再び病院で包帯を交換してもらいますが、もう出血は止まってました。

以降通院は必要ないとのこと。

術後から4日ほどして痛みはなくなりましたが、無理な運動はしないように気をつけてました。

2週間も経てば爪も生え、普通に運動しても大丈夫でした。

巻き爪にならないための予防

今でも気をつけていることは、

・深爪にしない

・正しい爪の切り方を知る

・サイズに余裕をもって靴や靴下を選ぶ

などです。

歩き方を改善するというのもあるみたいですが、私は上記の3つで予防できています。

爪の切り方については、ここがわかりやすかったです。

足の「巻き爪」セルフケアと治療 | NHK健康チャンネル

意外と「正しい爪の切り方」を知らない人も多いと思うので、参考にしてみてください。