摂食障害克服記

世にも珍しい男性の摂食障害経験者によるブログです。

妻や彼女が生理中。男性には6つのことを気遣ってほしい。

f:id:sushi1051027:20190111121335p:plain

今回のテーマは「生理中の女性が男性に気遣って欲しいこと」。

男性には生理がないので理解しにくいかもしれませんが、女性は生理で子どもを産むための身体を毎月作っているんです。大変です。

ですがそんなとき。男性の諸君はどうしてますか…?

生理の症状は人それぞれ

女性にとって生理はつきもの。それに、健康体であれば毎月7日間は必ず来ます。

毎月生理が来るということは、キチンとホルモンが分泌されており健康体ということ。

 

ホルモンが分泌されているということで、生理中の女性の状態は・・・

・何故か些細なことでイライラ

・貧血気味

・頭痛

・倦怠感(気分が優れない)

・憂鬱感

・眠気がいつもより倍増(生理にエネルギーを使うので)

・お腹が痛くなる

(具体的にはただの痛みでなく、人それぞれですがお腹をえぐられるような痛み。爪を立てた鬼が下腹部を掻き回している、といった表現もあるそうです。)

 

その痛みは、全く痛みを感じない 少し痛い すごく痛い 動くのも辛いほど痛い など人それぞれ。

中学生の頃は痛くなかったのに、大人になって痛みが増したという人も居ます。

(私はそうでした)

女性が辛そうなとき自分はどうする?

妻や彼女が辛そうなとき、男性のあなたはどうしてますか?

見て見ぬふり?

それとも無神経な言葉をかけてる…?

女性の私目線で気遣ってほしい6つのことを挙げてみます。

①声掛け

男性はこの状態を頭に入れて置いて、

「大丈夫?」と一声かけてあげましょう。

その一言だけで「気にかけてくれているんだ、嬉しいな」と安堵するわけです。

 

これはNG!

・「なんだよそれくらいで」というイライラを掻き立てるような発言

・ハイテンション (女性は疲れます)

・「元カノはそんなじゃなかったよ」などの他者と比較

(痛みは個人差!)

 

生理中は些細な発言にもカッとくるので、発言には気をつけましょう。

②気遣いのある行動

声掛けももちろんですが、それプラスなにかアクションをしましょう。

例えば、

・代わりに晩ご飯を作る

・買い物して帰ってあげる

・お腹や背中をさすってくれる

 

身体が重いので買い物に行くことや、重い荷物を持つことがこたえますよね。

何をするにも億劫なので、「今日はごはん買ってくるよ!」とかも◎

でも「今日のごはんなにがいい?」と聞かれ「惣菜でいい」とぶっきらぼうには言わないで!

キチンと気遣った理由も言っておきましょうね。

③夜の営み問題

男性はよくここを心配するのではないかと思います。

当たり前ですが、生理中に行為はできません。

無理矢理すると女性の身体に傷がつき、子どもをつくれなくなることも。

女性はデリケートなので、自分の私利私欲で女性を傷つけないでくださいね。

 

また「できないの?」とかの催促や残念がる発言もNG。

できるだけこの話題には触れないでください。

生理中に身勝手な発言で追い込まれ、「私が悪いんだ」など思い込み、鬱状態になる人も居ます。 

 ④経血に驚かない

同居している人に注意。一緒に住んでいればトイレやお風呂は共同ですから、女性が気付かなかったところで経血がついていることもあります。

見つけたらそっと拭いておきましょう。

ベッドシーツなどに付いていることは高頻度であります。

人によって経血量が多い人は、服に染みたりします。

もし、外出先で彼女のスカートに経血がついてしまったとき、あなたのアウターや上着を渡して腰に巻いて隠してあげると◎

⑤デートや旅行の日に生理が重なった時

やっぱり、外出時に生理がきた!とか生理中に外出することは多いです。

そんなときの気遣いとしては、

「休憩を多めにとること、ハードな場所には行かないこと!」

山登りなど身体に負担がかかりやすいデートやお出かけはやめておきましょう。

また、ウインドウショッピングなど歩くことが多い場所では、こまめにトイレ休憩や、歩くスピードを遅めてあげてくださいね。

 

「早く行こう」などの急かす発言はNGですよ。

⑥生理中の匂い

生理中は、なんともいえない独特な匂いがあります。

Q.匂いに気づいたとき、あなたはどうしますか?

A.なにも言わないでください。

 

ここで「匂い大丈夫?」とか変な気を回すと、逆効果で「えっ……」となり

女性は恥ずかしさと、そんな事を直接言ってくる男性にドン引きします。

また、「ナプキン替えてきたら?」とか「あなたのその匂いに気づいてるよ」感も出さないでください。

月経前症候群とは

そこのあなた、「生理中7日間だけ気をつければいいのか〜」って思っていませんか?

甘い!(っ`-´c)

たしかに生理は7日間ですが、その1週間前は月経前症候群といって1番始めにホルモンバランスを崩すときなんです。

 

イメージとしては、

月経前症候群→ホルモンを崩し、身体に蓄えた鉄分などを子宮に送り赤ちゃんのベッドをつくる

生理中→要らなくなった不要な経血を排出する

ですね。

気遣いたいけど「いま生理中」ってハッキリ分かるときは?

女性から「いま生理中なの」と本人から伝えてくれると早いですが、なかなかそうはいかないもの。

結婚後ならまだしも、付き合っているときは尚更じゃないでしょうか?

いま生理中なのか分かれば早いですが、ここは察してあげるしか…。

なかにはこうしたものもあるみたいですが、、、

裏▽

f:id:sushi1051027:20190111121335p:image

販売URL▽

https://up-t.jp/info.php?type=item&id=5c35d9a7cfafd

 

背中に「今日は女の子の日(生理の日)です」と英語で書いてありますね。

とてもかわいい上に、着やすいデザイン。そんなに目立ちません?

表はワンポイントでシンプルです。

表▽

f:id:sushi1051027:20190111121530p:image

 

アウターを来ていて背中の面が見えなくとも、このワンポイントで「あ、背中はたしか……」と分かりますよね。

また、ネット注文なのでスウェットのみならずTシャツやパーカーにも変更可能みたいです。

(その他、たくさんの種類がありますので詳細はURLから飛んでみてくださいね) 

色も好きな色に変えられるみたいでした。

さいごに

あくまでも私の場合です。症状などは個人差がありますので。

ですが男性でも、キチンと生理についての知識を頭に入れておきましょう。

結婚したら、決して他人事ではありませんよ…