摂食障害克服記

世にも珍しい男性の摂食障害経験者によるブログです。

摂食障害と仕事選び。うまく両立するには身体を動かす仕事?

f:id:sushi1051027:20190228181606j:image

過食すると仕事に支障がでたり、ちょっとでも太ったら「人に会いたくない」と仕事に行くことさえ難しくなります。

仕事と摂食障害の関係は非常に複雑です。

 どうすればうまく両立できるのでしょうか?ストレスの少ない環境で働ければベストなのかもしれませんが、それがなかなか難しい。

 

私が悩んで辿り着いた答えは「身体を動かす仕事」でした。

過食して仕事に行けない?

普通の人からすれば、全く理解できないことかもしれません。

「食べ過ぎて仕事に行きたくない?甘えすぎじゃないの?」

なんて思う人もいるかもしれません。

 

ですが過食症・拒食症に関わらず、「食」が原因となって罪悪感や自己嫌悪に陥り、日常生活すらできなくなる人がいるのは事実です。

 

私の場合、

「あぁー、また食べてしまった…」

「太った自分は醜い。人にこんな姿見られたくない」

と異常なほど自己嫌悪してしまうことも多くありました。

職場のストレスではなく、「食」「体型」が原因で仕事に行きたくなくなるという、異常な思考回路になっているのでした。

 

そしてそのこと自体がストレスになり、再び過食する…という悪循環。いつになれば解放されるのでしょうか。

動かないと太る?じっとしているのが苦痛に

摂食障害になるまでは、運動嫌いでした。

しかし、摂食障害になってからは「動かないと太る」という考え方に支配され、じっとしているのが苦痛になりました。

 

そして学生の頃から、「アルバイトするなら身体を動かす仕事」でなければ落ち着かなくなりました。

カロリー消費もできて一石二鳥」だと思い、就職活動でも「ブラック」と名高い業界へ就職。

しかし、これが意外と効果があったのかもしれません?

身体を動かす仕事と摂食障害は相性が良い?

一日中動き回り、普通の人なら「キツすぎ!」と思うような環境でも、なぜかストレスを感じませんでした。

 

なぜストレスを感じなかったのか?

 

それは、どんどん痩せていく自分が嬉しかったからです。

(痩せるではなく、やつれるという表現が正しいかも)

常に身体を動かしているので、「じっとしていたら太る」というストレスもありません。

 

「働くことや仕事内容にやりがいを感じたから」ではなく、「カロリーを消費できるから」ということに意味を見出だしているのでした。

 

過食した翌日って、じっとしていると太りそうで不安でした。

しかし身体を動かす仕事に就いてからは、嫌でも動かなければなりません。

なので過食してもそれほど体型には影響せず、週に2~3回(1回につき4000kcalくらい摂取)の過食でも体型をキープできてました。

 

どんだけ仕事で動いてんだよ!ってツッコミたくなります。笑

 

気分的には安定していましたが、結局は「食」「カロリー」に支配されているので、根本的な解決には至っていませんね。

 

ただ、私生活と仕事をうまく両立できていたのは事実です。

事務職よりも、ガンガン身体を動かす仕事の方が、摂食障害との相性は良いのかもしれませんね。

 

ブラック企業を勧めるわけではないですが、そうした環境にあえて身を置くことで気付くこともあると思います。

摂食障害・仕事の両立は難しいですが、参考になれば幸いです。